風水開運占い社.com

風水学についての情報サイト


WWW を検索
風水開運占い社.com内を検索
 

風水開運占い社.comへようこそ

風水開運占い社.comへようこそ当サイトは風水占いの情報サイトです、風水占いに着いての真実をネット界と言う名の電子の海にさらけ出していこうとこっそり推奨する、そんなサイトです。
当サイトでは無料占いとかのサービスは未だ検討中ですが風水占いの情報をてんこ盛り(多分)!!

風水は地理学に通ずる、高校生はチャンス?

風水はその基本が地理学にそっくりなんですね、高校生のうちに選択科目で習う地理学です。
風水学の基本は大地の構造と水の流れる上流と下流の位置関係、風の通る道、星空の地動説などと本当にある意味地理学にそっくりなんです。
かの三国志の参謀、諸葛量孔明も気象予報や地理学に長けて神と呼ばれるほどの偉人となったのです。
高校生はプチ諸葛量孔明のチャンスではないでしょうか?

他にも風水学はインテリアの配置にも密接に関係していて、家相と言う手相みたいなものまで調べる事ができるのです。
インテリアの配置にはその部屋の気の流れを良くする特殊な配置方法などが風水にはあります。
運気を上げるという行為が風水にもっとも意味のある行為です、その運気を上げる為のノウハウを提示するのが風水学なんですね、その風水学を当サイトでは追求して行こうとおもいます。

風水学によってなんて堅苦しい情報サイトは無しにして誰もがみて楽しめる情報サイトとしてブラックジョークを交えつつ展開していこうと私は砕けて書いてみましたので多少言葉足らずでその内容に不評不満を感じると思いますが海より深い心で了承していただけると私も枕を使って眠ることが出来ます。

当サイトは楽しく、時折真面目にサイト展開していきますのでよろしくお願いします。

風水学の歴史

それは、何処の誰かは知らない一人の男が旅先の道にあった茶屋に立ち寄ることから始まった。
その男はとても喉が渇いていた、ここ一日昼夜を問わず歩いてきた感じだったのでその意識は朦朧しているみたいな感じだった。
茶屋の前に立ち止まり中へ、と思ったとき、一人の男性がコチラをみているのに気がついた。
男は何を語りかけるもなく、ただその熱き視線は私を直視していた、コチラも急いでいる身では在ったが何故かその男から目が離せない。
時の流れが遅く感じる、この時間、つまり視線を合わしている時間は数秒にも満たないのだろう。
実際は結構時間が経っていて出てくる客に怒られた、ーーーーまだ見詰め合う二人の男、歩いてきた男は思った『なにガン見してんだコイツ(怒)』と、だけど内弁慶なのでグッと飲み込んだ。

沈黙の中、静寂を破ったのは茶屋の前に居た男、彼はそのたくましい唇を開き言葉をつむぐ『やら・・・』

とそのとき地動説が劇的な変化を遂げありもしないグランドクロスが良い感じに十字っぽいけどどちらかと言うと十字じゃない感じで世界の果てでクラシックカーが高らかに鳴らす切なげなクラクションブザー
パーティーに来ないから
パーティーに来ないから
遠くで聞いたカナリアの声が記憶に残る忘れていた理想とダンディズムのポリゴンスター・・・・

と言う感じで多分風水学はうまれたんじゃないかなぁと思う情緒不安定の36歳・・私・・・・

ライン 掲示板

 
広告 風水師
広告 陰陽ナビ
広告 風水龍脈
CopyRight(c) 風水開運占い社.com All Right Reserved